<現役奨学生から>

東京天草育英会と私
             
   A さん (五和町出身、天草高校卒)

朝晩と冷え込みが厳しくなる季節となりました。皆様お元気でお過ごしでしょうか。私は今、卒業論文の提出に向けて大詰めを迎えているところです。
 私は4年間、東京天草育英会の皆様に支えられ、この大学生という貴重な時間にたくさんの経験をさせていただくことができました。様々な集会にお招きいただく機会があり、人生譚や知識のご教授、ときには経営なさっているお店へお邪魔させていただいたこともありました。
東京という天草から遠く離れた地で、天草を故郷とする方々と巡り会うのはとても不思議な感があり、また、大変温かく、心強く思いました。
私は大学に進学して以来、関東の様々な美術館へ足を運び続けました。そこでの作品との出会いと日々の学習から日本美術に興味を持ち、現在は近世の工芸作品について研究を行っています。
この4年間が実りある時間になったのも、育英会の皆様のご助力のおかげです。
末筆ながら、この育英会をきっかけに出会ってくださった皆様に感謝申し上げます。


                                                                          (2017年3月記)
Copyright (C)  東京天草育英会 All Rights Reserved.